大船渡とアーティストがつくり出す、これまでのそしてこれからのお祭り「やっぺし祭!」に対する支援

活動支援|007
実行委員|遠藤一郎


内容
『大船渡とアーティストがつくり出す、これまでのそしてこれからのお祭り「やっぺし祭!」』
地震や津波の影響で、地域での伝統的なお祭りが中止になり、地域の方々が集まる機会が少なくなっている中、 地域の方々がもう一度集い、語り合い、お祭りの様に楽しめる炊き出しを企画します。
第1回(5月29日)は、このお祭りは避難所になっている小学校の教頭先生が言った「何かおもしろい炊き出しをできないですかねえ」という言葉がきっかけになり、地元の大船渡サポートネットワーク・センターで活動している石鍋博子(ワンピース倶楽部)と遠藤一郎(アーティスト)らが実行委員会を組織し、大船渡の猪川小学校で地域の皆さんとアーティストが一緒になっておもしろ炊き出しを行いました。炊き出しには全国各地から、想いの寄せられた食材も集まりました。お祭りは炊き出しをはじめ、今回の震災を受け、中止となった地元の祭り(五年祭)の芸能、大空に広がる連凧やライブ、餅つき、青空床屋、マッサージなどさまざまな催しが繰り広げられました。
第2回(8月20日)は、夏ということもあり花火を打ち上げるほか、屋台が盛川河川敷に登場、鹿踊も予定しています。
第3回(12月10日)は、お汁粉300人分の炊き出しを開催。
第4回(2012年3月18日)は、大船渡市の復興商店街「夢商店街」を会場に、「やっぺし朝市」を開催します。前日17日には、遠藤一郎による未来へ号バスツアーも実施されます。


アーティスト・プロフィール
遠藤一郎(未来美術家)
静岡県生まれ。車体に大きく「未来へ」と描かれた、各地で出会った人々がそのまわりに夢を書いていく『未来へ号』で車上生活をしながら全国各地を走り、「GO FORFUTURE」のメッセージを発信し続ける。主な活動に各地アートイベントでの展示やパフォーマンス(「別府現代芸術フェスティバル2009混浴温泉世界」わくわく混浴アパートメント、「TWISTand SHOUT Contemporary Art from Japan」BACC(バンコク)、「愛と平和と未来のために」水戸芸術館など)、デザイナー(多摩川カジュアル)、DJ。
2009年より凧あげプロジェクト『未来龍大空凧』開始。
2010年より柏にてオープンスペースislandの発足に携わる。
www.goforfuture.com


対象・支援方法など
大船渡市民、被災した方、避難所で生活している方に向けて、炊き出し、地元の祭(五年祭)、凧あげ、太鼓演奏、旗つくり、ライブ、餅つき、青空床屋、マッサージなどをおこなう。


概要
〈第一回〉やっぺし祭
日時:2011年5月29日(日) 11:00〜16:00
場所:大船渡市立猪川小学校校庭
参加者・団体:石鍋博子(ワンピース倶楽部)
       大船渡サポートネットワーク・センター(OSN・C)
       大船渡市教育委員会
       大船渡市内各小学校
       3がつ11にちをわすれないためにセンター(せんだいメディアテーク)
       未来龍大空凧ほか

〈第二回〉やっぺし祭
日時:2011年8月20日(土) 夕方頃〜20:00頃
場所:盛川河川敷(猪川地区)

〈第三回〉やっぺし祭
日時:2011年12月10日(土)
場所:大船渡市 福祉の里センター

〈第四回〉やっぺし祭
日時:2012年3月18日(土) 早朝〜昼頃まで
場所:大船渡市の復興商店街「夢商店街」
バスツアー:3月17日開催


支援希望額
バスツアー、東京等からの来客の輸送に係る交通費 50,000円×各回
食材購入費、送料 100,000円


伝えるプログラム
「やっぺし祭り」に参加して http://anpoap.org/?p=1182
大船渡「やっぺし祭」 http://anpoap.org/?p=1103
http://anpoap.org/?p=1199


遠藤一郎《RAINBOW JAPAN〜未来へ号バスがゆく!!〜》 http://anpoap.org/?p=1511